たんぽぽこどもクリニックって?

当院はクリニックというイメージを極力払拭し、

教えて!! 石川先生

11月の子供の病気注意報

★難治例のお子さんは専用外来を土曜日の午後に、設けましたのでお電話にてお問い合わせ下さい。(電話予約制)

インフルエンザの予防接種を開始していますが、  

 御予約多数により一時的に受付を見合わせております!!

 値段は1回目・2回目ともに ¥3,500(税込み) 

 なお、お子様優先の為、親御さんはお子さんの2回目に合わせて御予約下さいということ

 でしたが、ワクチンの供給不足の為予約は難しい状況となっています。

コロナ対策しております!!遊具、おもちゃを撤去済み。

 廊下、診察室、扉開放中。お熱のある方、新生児の方お部屋分けしています!!

 受付会計でも三密に充分配慮しております。

 安心してご来院ください。

症状が落ち着いている方は処方箋のみでもお受けできますのでご相談ください。

漢方ビューのトップページに先生の記事がのりました。こちらをご覧ください。

★4月1日より予約システムがeネットよりEPARKに変わりました。

 事前に登録が必要になりますのでこちらから新規登録をお願いします。

★5歳からスギのアレルギー性鼻炎のお子さんは、

 5月から舌下免疫療法がスタートしています。

 お悩みの方はあらかじめ採血の結果をご用意いただきご相談下さい。

★ヒルドイドクリームのアトピー性皮膚炎のスキンケア最新情報を

 “ちょっと困ったこどもの病気のアトピー性皮膚炎”の、

 「アトピー性皮膚炎におけるスキンケア ~

      発汗から見た外用薬の使い方~」を御覧ください!!

★結節性痒疹(ホームページの写真こちらをご覧ください。)で、

 お困りのお子さんは専用の治療薬がありますので御予約下さい

★慢性便秘症の新しい治療薬が使えるようになりました。

 治りにくい便秘やトイレの時間が長い便秘やおしりに

 うんちがついてしまう便秘のお子さんは、こちらを読んでみて

 来院されて相談してみて下さい。

★咳が酷い、咳で吐いてしまう、息苦しい、ぜいぜいする、

 などの症状で夜眠れない、などの喘息の症状がみられる時は

 早めに御来院されて下さい。

 乳幼児の喘息は咳だけが長引いて治らないことがあります。

 お母さんが思われるよりも喘息の症状が重いことが多々あり

 ますので注意が必要です!!

 喘息のお子さんは、アレルギー性鼻炎の合併が多いので、

 喘息の治療に加えて、アレルギー性鼻炎の治療が大切です。

★ダニのアレルギー性鼻炎の症状

(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、咳)が、

 出てる方がいらっしゃいます。

 気になる方は御相談下さい。舌下免疫療法で治療が出来ます。

★これまでにない!!

 アレルギー性鼻炎によく効く飲み薬が使える様になりました

 のでお困りの方は、御相談下さい。

★今までは12歳以上が対象でしたが、5歳から11歳までの

 お子さんにもダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法が1年中

 いつでも開始出来るようになりました。

 1年中鼻の調子が良くないお子さんは、ダニのアレルギー

 性鼻炎の可能性が高いです。

 お悩みの方はあらかじめ採血の結果をご用意いただき

 ご相談下さい。

★12歳以上でニキビでお悩みのお子さんに

 良い治療薬があります。

 ニキビは出来れば瘢痕を残さず治療した方が良いので、

 お困りの方はまずお電話ください。

★水いぼを取るときに痛みを軽減する麻酔テープ

(ペンレステープ)を始めます。

 ご希望の方はクリニックにお電話いただき来院されて、

 テープを貼って1時間後に取ると良いでしょう。

 ただし、使用年齢は4歳以上となりますのでご注意下さい。

 

 

 

 



スギ花粉症最新治療である舌下免疫療法は毎年6月から12月の間で始めることができます!

たんぽぽこどもクリニック診療カレンダー

animal

animal

メディア情報のところに、漢方ビュー「子どものための漢方」という院長の記事 が掲載されました。

記事の詳しい内容についてはこちらをクリックしてください。

学研『あそびと環境012歳』平成26年10月号のインフルエンザのコーナーに院長の記事が掲載されました。

生涯学習誌 月刊『すこーれ』令和2年10月号に院長の記事 が掲載されました。

記事の詳しい内容についてはこちらをクリックしてください。

もっとメディア情報をみる

メディア情報

メディア情報

grass

grass