アトピーの治りにくい症状

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、近年急増している最もポピュラーな皮膚のアレルギーの病気です。

お母さんがお子さんだった時には、今のようにアトピー性皮膚炎は多くはみられませんでした。

現代っ子のお子さんは、様々なタイプのアトピー性皮膚炎がみられます。

そのために、アトピー性皮膚炎だときづかれずに、正確な診断と治療が行われていないケースを実際に多くみうけます。

いろいろなタイプのアトピー性皮膚炎がありますので、本物のお子さんの写真を見ていただいて、お母さんやお父さんのお役立にたてれば幸いです。

アトピー性皮膚炎(脇の下)②

写真

アトピー性皮膚炎(脇の下)

 

お子さんの脇の下に見られた線状の赤い発疹です。

非常に難治例です。

アトピー性皮膚炎(脇の下)①

写真

アトピー性皮膚炎(脇の下)

 

お子さんの脇の下に見られた線状のアトピー性皮膚炎の発疹です。

非常に難治例です。

アトピー性皮膚炎(お尻)⑤

写真

アトピー性皮膚炎(お尻)

 

お子さんのお尻に見られた典型的なアトピー性皮膚炎です。

赤紫色に変色しています。

皮膚も厚く硬くなった状態です。

重症のアトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎(お尻)④

写真

アトピー性皮膚炎(お尻)

 

お子さんのお尻に見られた典型的なアトピー性皮膚炎の発疹です。

かなり皮膚が厚くなり皮膚の色も赤紫に変色しています。

重症のアトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎(体)

写真

アトピー性皮膚炎(体)

 

島状の赤い発疹がいくつも見られています。
このようなタイプのアトピー性皮膚炎は、難治例の典型的なものです。
不思議な事に、島状の発疹以外のお肌は、触ってもツルツルしていて、アトピー性皮膚炎ではないと、誤解されている事がよくあります。

アトピー性皮膚炎(目)

写真

アトピー性皮膚炎(目)

 

目の周囲に出来たアトピー性皮膚炎です。
目の周囲の発疹は、とても治りにくいのが特徴としてあります。
2歳以上ですと「プロトピック軟膏」がよく効きます。
2歳未満ですと使う事が出来ませんので、漢方薬で目の周囲の発疹の赤みを改善する治療となります。

アトピー性皮膚炎 目の周囲

写真

アトピー性皮膚炎 目の周囲

 

アトピー性皮膚炎の目の周囲の写真です。
目の周囲全体にカサカサと著名に乾燥した皮膚がみられています。
重症のアトピー性皮膚炎は,顔に症状が強くでる事がよくあります。特に、目の周囲は悪化しやすく,かきこわしを起こしやすく,そのために,目そのものを傷つけてしまうリスクが高くなりますので,一番早く治療が必要な場所となります。

アトピー性皮膚炎 おでこ

写真

アトピー性皮膚炎 おでこ

 

アトピー性皮膚炎のお子さんの「おでこ」の皮膚です。
カサカサと乾燥化が強く,皮膚が厚く固くなっている部分が混在してみられています。
おでこのアトピー性皮膚炎の症状がこのように重いお子さんでは,目の周囲にアトピー性皮膚炎が重い傾向があります。
眉毛のところはアトピー性皮膚炎はみられていません。

アトピー性皮膚炎 両目

写真

アトピー性皮膚炎 両目

 

お子さんの「両目」から「おでこ」にかけてみられている重症のアトピー性皮膚炎です。
目の周囲は,アトピー性皮膚炎の重症タイプではしばしば悪化がみられる皮膚の部分です。目の周囲をかきこわしますと眼球も擦るために眼球に傷がついてしまいますので,出来るだけ早く治療したほうが良い場所です。

1/41234

grass

grass