症例で探す

膿瘍(のうよう)

写真

膿瘍(のうよう)

 

お子さんの爪の中にできた典型的な膿瘍の発疹です。

細菌が爪に入ってしまったので抗生剤でよくなります。

汗も

 

小さなお子さんは汗をかきやすいので、汗もができやすい傾向にあります。

おでこや首・体に多くみられます。

汗も対策に大切なことは、こまめに肌着を着替えることです。

お出かけしただけでも、汗をかきます。

お家に帰ったらまず着替えをしましょう。

そして早めに汗ものぬり薬(ロコイドクリーム)を塗ると快適に過ごせます。

 

苺状血管腫

 

苺の表面のような形をした赤い発疹を苺状血管腫といいます。

赤ちゃんの時から見つかることが多いので、お母さんは心配されますが、

ほとんどは1才までに薄くなるか消失します。

1才までに経過を見ていいでしょう。

ただし血管腫の大きさが急速に拡大するものは、合併症を起こすことがありますので

すぐにクリニックに来院してください。

 

オムツかぶれ

 

赤ちゃんはオムツをしているので

オムツかぶれを起こしやすいです。

主に「おしり」「肛門の周り」「オチンチンなどの外陰部」にできます。

オムツかぶれにはぬり薬がよく効きますが、

カビが原因のものにはカビを治すぬり薬も必要になります。

カビが原因のものは、カサカサしていたりモコモコとした

感じになっているものが多い傾向にあります。

 

蒙古斑

写真

蒙古斑

 

お子さんの膝から足にかけて見られた典型的な蒙古斑です。
蒙古斑はこのように青く見えるのが特徴です。
自然に治ることが多いです。

プール熱(咽頭結膜熱)

写真

プール熱(咽頭結膜熱)

 

プール熱で見られた眼球結膜の充血の写真です。

プール熱ではこのように目の白いところが赤く充血するのが特徴です。

リンパ節腫大(首部)

写真

リンパ節腫大(首部)

 

お子さんの首部に見られたリンパ節の腫大です。

かなり大きく腫れていますが、

このような時には病気の原因が隠れてることがありますので精密検査が必要となります。

漏斗胸③

写真

漏斗胸(ろうときょう)

 

胸の中央が漏斗状に陥没しているのが漏斗胸の特徴です。

胸は陥没していますが、これがあるからと言って特に病的なものではありません。

ロタウィルス胃腸炎

写真

ロタウィルス胃腸炎

 

白っぽいやや灰色の便で臭いがきついのが典型的なロタウィルス胃腸炎の特徴である白色便です。

この病気は乳児のお子さんがかかると重症かしやすいので、

生後2ヶ月からのロタウィルスワクチンで予防が出来ますのでワクチンを接種しましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、近年急増している最もポピュラーな皮膚のアレルギーの病気です。

お母さんがお子さんだった時には、今のようにアトピー性皮膚炎は多くはみられませんでした。

現代っ子のお子さんは、様々なタイプのアトピー性皮膚炎がみられます。

そのために、アトピー性皮膚炎だときづかれずに、正確な診断と治療が行われていないケースを実際に多くみうけます。

いろいろなタイプのアトピー性皮膚炎がありますので、本物のお子さんの写真を見ていただいて、お母さんやお父さんのお役立にたてれば幸いです。

1/19712345...102030...最後 »

grass

grass