症例で探す

赤ちゃんの体の「かぶれ」(足)

写真

赤ちゃんの体の「かぶれ」(足)

 

赤ちゃんの足に見られた「かぶれ」です。
小さな円形のモコモコした発疹がたくさん見られています。

アトピー性皮膚炎(引っ掻き傷)

写真

アトピー性皮膚炎(引っ掻き傷)

 

アトピー性皮膚炎のお子さんの腕に見られた引っ掻き傷です。
白い線として何本か縦に見られていますが、これはかなり痒みが強い事を示していまして重症のサインとなります。

アトピー性皮膚炎(オデコ)

写真

アトピー性皮膚炎(オデコ)

 

赤ちゃんの顔に見られた重症のアトピー性皮膚炎です。
顔の中でも特にオデコに著名にアトピー性皮膚炎が見られていて、カサカサと乾燥化が見られ、触りますと厚く固くなった皮膚が全体的にみとめられます。
生後3カ月くらいまでの早い時期に見られるアトピー性皮膚炎は、このようにオデコやほっぺたに皮膚の変化が強く見られる事が多い傾向にありますが、対称的に体の皮膚は正常な事が多く見られます。

アトピー性皮膚炎(目の周囲)②

写真

アトピー性皮膚炎(目の周囲)

舌なめずり皮膚炎(口周囲)と鼻のとびひ(治療後)

写真

舌なめずり皮膚炎(口周囲)と鼻のとびひ(治療後)

 

舌なめずり皮膚炎のお子さんにプロトピック軟骨で治療して改善したものです。
アトピー性皮膚炎では、目の周囲や口周囲に発疹が見られます。
口周囲には舌なめずり皮膚炎がよく見られますが、発疹が消失するまで、プロトピック軟骨を塗ります。
発疹が消失しましたら、1週間に3日くらい塗っていますと皮膚がきれいに保つ事が出来ます。

舌なめずり皮膚炎(口周囲)と鼻のとびひ(治療前)

写真

舌なめずり皮膚炎(口周囲)と鼻のとびひ(治療前)

 

右側の鼻のところにはとびひが見られていますが、さらに、口周囲には全体的に境界線が明瞭な舌なめずり皮膚炎が著名に見られています。

アトピー性皮膚炎(目)①

写真

アトピー性皮膚炎(目)

 

目の周囲に限局して乾燥した発疹が見られます。
目の周囲に発疹がありますと、目を引っ掻いてしまい結果的に眼球を傷つけてしまいます。
将来的にアトピー性の白内障や網膜剥離を起こしやすくなりますので、一番先に治さなければならない部分です。

アトピー性皮膚炎(目)②

写真

アトピー性皮膚炎(目)

アトピー性皮膚炎(足)

写真

アトピー性皮膚炎(足)

 

乾燥が強くカサカサしていますが、白く線状の引っ掻き傷も見られています。
足によく見られる乾燥型のアトピー性皮膚炎で、意外に治療されずにみすごされている事がよくあります。

アトピー性皮膚炎(足)

写真

アトピー性皮膚炎(足)

 

足に亀の甲羅のような形をしている発疹が大小たくさん見られていますが、これはアトピー性皮膚炎に見られるもので、皮膚が乾燥が強すぎて、皮膚がカサカサしすぎている状態で、皮膚が干からびて水分が極端に少なくなっている事を示していまして、重症なアトピー性皮膚炎ですので、出来るだけ早く治療が必要です。

grass

grass