治りづらい症例について

※画像はすべて拡大表示でご確認いただけます

治りづらいアナフィラキシーについて

  • 治療前

    アナフィラキシー(顔)モザイク
  • 矢印
  • 治療後

    アナフィラキシー(顔)治療後 モザイク

治療前は瞼が腫れて顔全体に赤い発疹がでたアナフィラキシーのお子さんです。

治療後は瞼の腫れもとれて顔の赤い発疹も消失しました。

治りづらい蜂窩織炎について

  • 治療前

    蜂窩織炎(足の親指)④
  • 矢印
  • 治療後

    蜂窩織炎(足の親指)④治療後

他院で6ヶ月前から通院していて治らなかった左足親指の重症な蜂窩織炎です。

炎症が酷く普通に歩けない状況でした。

治療後は、抗生剤と塗り薬と漢方薬の併用の治療して改善した3週間後の写真です。

治りづらいとびひについて

  • 治療前

    とびひ(目)④ モザイク
  • 矢印
  • 治療後

    とびひ(目)③治癒後 モザイク

近くの眼科医にて結膜炎と診断されたお子さんの目の写真です。

治療前は結膜炎に加えて眼周囲の重症のとびひとヘルペス性皮膚炎を合併していました。

眼の充血も重症でした。抗生剤と抗ウィルス薬の内服と外用と点眼薬の治療が必要となりました。

視力は問題がありませんでしたが、目の中の感染もあったと思われます。

重症例ではこのように目の周囲の感染にも注意が必要です。

治療後はよくなってきていました。

治りづらいとびひについて

  • 治療前

    とびひ(目)⑤ モザイク
  • 矢印
  • 治療後

    とびひ(目)⑤治癒後 モザイク

近くの眼科医にて結膜炎と診断されたお子さんの目の写真です。

治療前は結膜炎に加えて眼周囲の重症のとびひとヘルペス性皮膚炎を合併していました。

眼の充血も重症でした。抗生剤と抗ウィルス薬の内服と外用と点眼薬の治療が必要となりました。

視力は問題がありませんでしたが、目の中の感染もあったと思われます。

重症例ではこのように目の周囲の感染にも注意が必要です。

治療後はよくなってきていました。

治りづらい手足口病について

  • 治療前

    手足口病(お尻)⑬
  • 矢印
  • 治療後

    手足口病(お尻)⑬治癒後

お尻に見られた重症の手足口病の発疹です。

通常の手足口病に比べて発疹が著名に大きく痛みもともなっています。

このお子さんは口の中の発疹も酷く食べられなくなってしまったので入院となりました。

治りづらい手足口病について

  • 治療前

    手足口病(足の裏)⑳24
  • 矢印
  • 治療後

    手足口病(足の裏)⑳24治癒後

足の裏に見られた重症の手足口病の発疹です。

通常の手足口病に比べて発疹が著名に大きく痛みもともなっています。

このお子さんは口の中の発疹も酷く食べられなくなってしまったので入院となりました。

治りづらいアナフィラキシーについて

  • 治療前

    アナフィラキシーと食物アレルギー(顔)③モザイク 
  • 矢印
  • 治療後

    アナフィラキシーと食物アレルギー(顔)③治療後モザイク

治療前がクルミアレルギーの子が間違ってクルミを誤食してしまった結果、喘息発作をおこし、皮膚の蕁麻疹と皮膚が真っ赤になる潮紅をしめして顔全体が赤くはれている症状をしめしたアナフィラキシーの典型的な写真です。このような状況になりましたら至急近くの病院を受診されてください。

治療後は、真っ赤な皮膚の潮紅はなくなり、顔の浮腫もとれて喘息発作も改善してゆっくり眠れるようなりました。

治りづらい肘内障について

  • 治療前

    肘内障
  • 矢印
  • 治療後

    肘内障 治癒後

治療前は肘の関節が外れている状態です。

この為痛みが強く腕はまっすぐ下に伸びたままで全く動かそうとしません。

 治療後は徒手整復して、

肘の間接が元に戻った状態で痛みがなくなり手を動かして曲げるようになりました。

治りづらい花粉症によって悪化したアトピー性皮膚炎について

  • 治療前

    アトピー性皮膚炎と花粉症(目)⑪トリミング
  • 矢印
  • 治療後

    アトピー性皮膚炎と花粉症(目)⑪治癒後 トリミング

治療前はスギ花粉症によって悪化した、瞼と目の周囲のアトピー性皮膚炎の典型的な写真です。

とてもいたがゆく、日常生活が障害されます。

プロトピック軟膏とロコイド軟膏の混合薬の外用で治療すればよくなります。

治療後は外用薬によってアトピー性皮膚炎が改善されました。

治りづらい花粉症によって悪化したアトピー性皮膚炎について

  • 治療前

    アトピー性皮膚炎と花粉症(目)⑫ トリミング
  • 矢印
  • 治療後

    アトピー性皮膚炎と花粉症(目)⑫治癒後 トリミング

治療前はスギ花粉症によって悪化した、瞼と目の周囲のアトピー性皮膚炎の典型的な写真です。

とてもいたがゆく、日常生活が障害されます。

プロトピック軟膏とロコイド軟膏の混合薬の外用で治療すればよくなります。

治療後は外用薬によってアトピー性皮膚炎が改善されました。

治りづらい皮膚膿瘍(背中)について

  • 治療前

    皮膚膿瘍
  • 矢印
  • 治療後

    皮膚膿瘍 治癒後

治療前が赤ちゃんの右の背中の下の方に見られたうずらの卵大の皮膚膿瘍の典型的な写真です。

同じような皮膚膿瘍は、肛門周囲膿瘍がありますが背中に出きることは非常に珍しいものです。

皮膚膿瘍は真っ赤に晴れ上がっており触ると中に溜まってる膿がぶよぶよと触れます。

治療後は十全大補湯で良くなった写真です。

皮膚膿瘍は、肛門周囲膿瘍も含めて十全大補湯が効果あります。

治りづらいカポジ水痘様発疹症(胸)について

  • 治療前

    カポジ水痘様発疹症(お腹)③
  • 矢印
  • 治療後

    カポジ水痘様発疹症(お腹)③治癒後

左胸から左脇腹にかけてみられた重症のカポジ水痘様発疹です。

水疱瘡ではなくヘルペス感染症なので抗ウィルスでよくなります。

治りづらい多型滲出性紅斑(腕)について

  • 治療前

    多型滲出性紅斑(腕)⑳28
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅斑(腕)⑳27治療後

お子さんの手足にみられた治療前の重症の多型滲出性紅斑の発疹です。

中心が白く抜けたこの写真のようなドーナツ状の紅斑が特徴的です。漢方薬とステロイドの内服で治療を開始しました。

治療開始1週間後の皮膚の状態ですが、多型滲出性紅斑の発疹は消えました。

治りづらい多型滲出性紅斑(腕)について

  • 治療前

    多型滲出性紅斑(腕)⑳27
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅斑(腕)⑳27治療後

お子さんの手足にみられた治療前の重症の多型滲出性紅斑の発疹です。

中心が白く抜けたこの写真のようなドーナツ状の紅斑が特徴的です。漢方薬とステロイドの内服で治療を開始しました。

治療開始1週間後の皮膚の状態ですが、多型滲出性紅斑の発疹は消えました。

治りづらい多型滲出性紅斑(腕)について

  • 治療前

    多型滲出性紅斑(腕)⑳29
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅斑(腕)⑳29治療後

お子さんの手足にみられた治療前の重症の多型滲出性紅斑の発疹です。

中心が白く抜けたこの写真のようなドーナツ状の紅斑が特徴的です。漢方薬とステロイドの内服で治療を開始しました。

治療開始1週間後の皮膚の状態ですが、多型滲出性紅斑の発疹は消えました。

治りづらい多型滲出性紅斑(足)について

  • 治療前

    多型滲出性紅斑(足)⑳49
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅斑(足)⑳48 治療後

お子さんの手足にみられた治療前の重症の多型滲出性紅斑の発疹です。

中心が白く抜けたこの写真のようなドーナツ状の紅斑が特徴的です。漢方薬とステロイドの内服で治療を開始しました。

治療開始1週間後の皮膚の状態ですが、多型滲出性紅斑の発疹は消えました。

治りづらい多型滲出性紅斑(足)について

  • 治療前

    多型滲出性紅斑(足)⑳48
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅斑(足)⑳48 治療後

お子さんの手足にみられた治療前の重症の多型滲出性紅斑の発疹です。

中心が白く抜けたこの写真のようなドーナツ状の紅斑が特徴的です。漢方薬とステロイドの内服で治療を開始しました。

治療開始1週間後の皮膚の状態ですが、多型滲出性紅斑の発疹は消えました。

治りづらい多型滲出性紅斑(顔)について

  • 治療前

    多型滲出性紅班(顔)⑥モザイク
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅班(顔)⑥治療後 モザイク

お子さんの顔と全身に見られた重症の多型滲出性紅斑です。

治療前の顔については、アナフィラキシー様の発疹にも見えますが、体全体の発疹から考えると重症の多型滲出性紅斑の発疹と思われます。小さな赤ちゃんでこれほど重症の多型滲出性紅斑の紅斑はとても珍しい症例です。多型滲出性紅斑のドーナツ状の赤いほてりを抑える為に漢方薬とステロイドの内服を必要としました。

治療後は、著明に多型滲出性紅斑が消えて正常な皮膚に戻りました。

治りづらい多型滲出性紅斑(全身)について

  • 治療前

    多型滲出性紅班(全身)モザイク
  • 矢印
  • 治療後

    多型滲出性紅班(顔)⑥治療後 モザイク

お子さんの顔と全身に見られた重症の多型滲出性紅斑です。

治療前の顔については、アナフィラキシー様の発疹にも見えますが、体全体の発疹から考えると重症の多型滲出性紅斑の発疹と思われます。小さな赤ちゃんでこれほど重症の多型滲出性紅斑の紅斑はとても珍しい症例です。多型滲出性紅斑のドーナツ状の赤いほてりを抑える為に漢方薬とステロイドの内服を必要としました。

治療後は、著明に多型滲出性紅斑が消えて正常な皮膚に戻りました。

1/41234

grass

grass