症状で探す

まぶたが腫れる

写真

アナフィラキシーの症例写真です。

赤ちゃんに見られた典型的なアナフィラキシーの写真です。瞼が腫れるのも特徴です。顔全体に赤みがあり、やや浮腫んでいます。この赤ちゃんの場合はアナフィラキシーの原因は不明でした。ステロイドの内服で速やかに軽快しました。

まぶたが腫れる

写真

アナフィラキシーの症例写真です。

幼児に見られた典型的なアナフィラキシーの写真です。

瞼が腫れて顔全体が赤くなり腫れぼったくなっています。

典型的なアナフィラキシーの写真ですが、原因は不明です。

まぶたが腫れる

写真

蕁麻疹(アナフィラキシー?)瞼②の症例写真です。

お子さんの蕁麻疹に見られた著名な眼瞼の腫れです。

通常の蕁麻疹はここまで瞼が腫れませんが、

食物アレルギーのアナフィラキシーの症状としてもこの写真のような瞼の腫れがみられます。

まぶたが腫れる

写真

眼瞼炎(がんけんえん)の症例写真です。

赤ちゃんの右眼の瞼(まぶた)が赤く腫れて目が開けづらくなり、目の開いている部分が狭くなっています。
これは眼瞼炎と言って、瞼に何らかの刺激が加わり、瞼が蕁麻疹のように腫れたものです。
蕁麻疹の時に飲むお薬と塗り薬を併用すると早く治ります。
治るまでは、お風呂は避けましょう。
お風呂で体が温まると瞼の腫れが治りにくくなるからです。

血虚(爪が割れ易い)

写真

血虚(爪が割れ易い)の症例写真です。

 

お子さんの足の指の爪に見られたカサカサと割れ易くなって、爪の縁がガリガリと細かく変形しています。

血虚(唇がカサカサ)

写真

唇がカサカサの症例写真です。

 

しもやけのお子さんの唇です。
足の血流がよくないとしもやけが出来ますが、このようなお子さんは足だけではなく、唇の血流がよくない事があります。
そうなりますと、唇もカサカサと乾燥して、アトピー性皮膚炎によく見られる舌なめずり皮膚炎に似た唇になってきます。

青い斑点状

写真

蒙古斑(背中)の症例写真です。

3歳の男の子の背中に見られた青アザで蒙古斑と言います。
普通は赤ちゃんによく見られ、1歳頃までには自然に消えていきます。
このお子さんは、3歳でも見られていて珍しい例です。

青い斑点状

写真

蒙古斑(膝から背中)の症例写真です。

お子さんの膝から足にかけて見られた典型的な蒙古斑です。
蒙古斑はこのように青く見えるのが特徴です。
自然に治ることが多いです。

口の中が白い

写真

鵞口瘡(がこうそう)喉のカビの症例写真です。

 

小学生のお子さんの喉に見られた鷲口そうと言ってカビの一種のカンジダが原因のものです。
喉のところに白く見える発疹が、口腔内カンジダ症の鷲口そうです。
通常は、鷲口そうは、赤ちゃんの口の中に見られるものですが、この男の子のように大きなお子さんで見られるのは珍しく、さらに、小学生のお姉さんの喉にも、同じ鷲口そうが見られました。

口の中が白い

写真

鵞口瘡(がこうそう)喉のカビの症例写真です。

grass

grass