陰嚢水腫

陰嚢水腫⑤

写真

陰嚢水腫

 

お子さんの陰嚢水腫です。
右側の陰嚢に水が溜まり、陰嚢が大きく腫れていて、その影響で、おちんちんが左側にシフトしています。
かなり巨大な陰嚢水腫で、年齢も3歳を過ぎていますので、手術が必要になります。
手術前に漢方薬で陰嚢水腫を小さくしておくと良いでしょう。

陰嚢水腫(左)①

写真

陰嚢水腫(左)

 

左の陰嚢に水が溜まり、右の陰嚢に比べて左の陰嚢が腫れています。
陰嚢水腫というものですが、ほとんどは1才までになくなります。
このお子さんは3才ですので自然には治りません。
手術が必要になります。

陰(いん)のう水腫④

写真

陰(いん)のう水腫

 

③と同じ男の子のオチンチンですが、右側の睾丸の入った袋(陰のう)が左側と比べて大きく肥大しています。
このように陰のうが腫れているものを「陰(いん)のう水腫」と言います。
通常は1才までに自然に治っていきますが、この男の子は3才でもみられるので手術による治療が必要になります。
この男の子は「臍(さい)ヘルニア」と「陰(いん)のう水腫」を合併していました。

陰嚢水腫(左)②

写真

陰嚢水腫(左)

陰嚢水腫⑥

写真

陰嚢水腫

 

右側の陰嚢水腫ですが、漢方薬治療開始後の状態ですので、陰嚢水腫がかなり小さくなりました。
陰嚢水腫は、漢方薬治療で小さくしてから、手術をすると良いでしょう。

grass

grass