ヘルペス

ヘルペス

お子さんでは主にヒフ、口の中の粘膜、外性器に発疹が出てくる感染症です。

Ⅰ型とⅡ型があり、

①Ⅰ型は主にヒフに水ぶくれ様の単純性疱疹(単純性ヘルペス)という発疹を作り、

口の中にはヘルペス性の口内炎を作ります。

②Ⅱ型は主に外性器に水ぶくれ様の発疹を作り、痛みが出てきます。

どちらも早めの治療で良くなります。

ヘルペス(口の周り)

写真

ヘルペス(口の周り)

 

口の回りにできた、単純ヘルペスの典型的な発疹です。

患者さんによっては痛みを訴えるかたもいます。

飲み薬がよく効きます。

 

ヘルペス(手)

写真

ヘルペス(手)

 

お子さんの手のひらに見られた典型的な単純性疱疹の発疹です。

水疱のように見えるのが特徴です。

ヘルペスウィルスによる皮膚炎と考えて良いでしょう。

 

ヘルペス(口唇と口腔内)②

写真

ヘルペス(口唇と口腔内)

 

上唇に口唇ヘルペスが丸く見られていますが、口腔内にもヘルペス性口内炎が見られています。
中央が白く周囲が赤く見える発疹が口内炎のものです。
原因は、単純性ヘルペスウィルスの感染ですので、内服薬が良く効きます。

ヘルペス(口唇と口腔内)

写真

ヘルペス(口唇と口腔内)

 

お子さんの唇に見られた典型的な口唇ヘルペスの発疹です。
このお子さんは、口腔内にもヘルペスの発疹が見られていました。
内服薬が良く効きます。
原因は、単純性ヘルペスウィルスの感染です。

単純性疱疹(鼻)

写真

単純性疱疹(鼻)

 

お子さんの鼻に見られた単純性胞疹の典型的な発疹です。
このお子さんは、既に、単純性胞疹の治療薬を内服していましたが、改善しないとの事で、来院されました。
水疱の周囲を赤みのある発疹が取り囲んで見られています。
単純性胞疹の発疹は、通常はこのような赤みのある発疹はともなっては見られません。
このようなお子さんでは、漢方薬を併用すると良くなります。

単純性疱疹

写真

単純性疱疹

 

単純型ヘルペスウイルスの感染によりできた単純性疱疹の発疹です。
モコモコした発疹が集中して見られています。

口唇ヘルペス

写真

口唇ヘルペス

 

口唇の上側と下側の2箇所に水疱の見られている口唇ヘルペスです。
ヘルペスウイルスを抑える飲み薬が良く効きますが、繰返しやすいお子さんでは、漢方薬の黄連解毒湯を口唇ヘルペスのなりはじめに飲みますと早めに改善します。

ヘルペス(下唇)

写真

ヘルペス(下唇)

 

ヘルペス性歯肉口内炎のお子さんの下唇に見られたヘルペスです。
このお子さんは歯肉炎もひどく歯肉が真っ赤に腫れて、かなり痛みもあります。
ヘルペス性歯肉口内炎では、唇にヘルペスが見られたり、歯肉炎が重症となることがしばしばみられます。

ヘルペス(歯肉)(上側)

写真

ヘルペス(歯肉)(上側)

 

ヘルペス性歯肉炎の上側の歯肉が歯肉炎が重症なために、真っ赤に腫れている状態です。
口内炎よりも、歯肉炎のほうが、症状が重く、強い痛みが伴っている事があります。
ヘルペスウィルスを抑える内服薬がよく効きます。
小さなお子さんが、ヘルペス性歯肉炎になりますと、痛みのために食欲がなくなり、入院になる事も、しばしば経験します。

1/212

grass

grass